アリイの美容ブログ

アリイ 仙台

乾燥肌を改善する洗顔方法

お肌と身体の改善サロン・アリイです。

冬本番になり空気が乾燥している日が続いていますね。それに加え室内では、暖房機の使用でさらに湿度が下がり肌が乾燥してしまいます。

メイクののりも良くないし気づくとカサカサになっていたりと気になりませんか?

今時期の肌相談で多いのは肌の乾燥です。

実際に肌がごわつき、かさつきや皮ムケまで見られるお客様がいらっしゃいます。

皆様の最近のお肌状態はいかがですか?

昨日ご来店されたお客様に「こんなに肌が乾燥してきたらクリームとか使いたくなるでしょ?」と聞いたら「はい。毎晩オイルをつけているのに乾燥するんです。クリームを購入するかどうか迷っていました」と答えられました。

でも私はそのお客様にクリームの購入はおすすめしませんでした。

理由はそのお客様の肌がなぜ乾燥するのか原因がはっきりしていたことと、今お持ちの化粧品のアイテムをきちんと使えば乾燥肌は改善できるとわかっていたからです。

化粧品販売店に「肌が乾燥する」という相談をすれば間違いなく、高級保湿クリームをすすめられるでしょう。乾燥肌の対策としては「乳液やクリームをたっぷり与えて潤いを逃がさないようにフタをする」というのが一般的な方法ですからね。

でもその方法は肌の表面を一時的に保護し潤しますから、つければすぐに乾燥がなくなった!と感じると思いますが、本当は乾燥肌の根本的な改善にはなっていないのです。だから本来不要なものを購入するのはもったいと思います。

乾燥肌の改善に大切なのはお肌が元々持っている「潤いを生み出し保持する力」を引き出す事です。

バリア機能の整った健康な肌は適度な保湿で冬でもキレイを保つ事ができます。

その為には日ごろから、正しいケアで乾燥しない肌にしていく事が大切です。

では潤う肌に導くポイントをご紹介します。

どんな乾燥肌でも洗顔は必要です

乾燥するから「ソープは使わず朝はお湯だけで洗っています」という方が多いこと多いこと。

お湯だけ洗顔はNGです!今カサカサしている表面の古い角質はお肌の垢で本来はがれて落ちていくものです。ソープはその角質をやさしく落とす唯一のアイテムなのです。角質は元々水分を保持しにくいため、剥がれ落ちずに厚みが増すとさらに乾燥を感じやすくなります。

アリイ 仙台

「朝はそれほど肌は汚れていないと思ってた」と皆さん仰いますが、乾燥肌の方は特に保湿に力を入れていますから、乳液や保湿クリーム、オイルをたっぷりつけていますよね。それは目に見えていないだけで、肌につけたものはお湯だけで落ちませんよ。毛穴には油分が残っていますし油膜がはったままの肌は化粧水や美容液のがしみこみが悪く、肌内部まできちんと保水がされません。その為、つけてもつけても肌が乾燥するという状態になるのです。

 

優れた美容クリームでもつけて12時間たてば肌にとっては汚れでしかない

乾燥するからと「朝はお湯で洗うだけ」にしている方の肌はたいがい赤茶色っぽくくすんでいます。

それは肌に残っている皮脂やオイル成分が時間の経過で酸化している証拠です。どんなに高価で優れた美容クリームだって肌につければ自分の皮脂と混ざり合い、空気にふれることによって酸化がはじまります。

美容成分としての効果は肌につけてから12時間と言われています。その時間を超えれば肌にとってはもう「汚れ」でしかないのです。肌が酸化している状態が続けばシミは増えるし肌の老化が進むことは間違いありません。

その解決策は「洗う事」しかないのです。

お肌の為に美容液、クリームなどたくさんつけている方こそ朝、夜ともにきちんとソープで泡洗顔をし肌を清潔に保ちましょう。

早ければ数日で肌の変化を感じられるはずです。

メディカルサロンアリイ

 

ソープ洗顔後につっぱったり乾燥がひどいと感じる方は洗い流すお湯の温度に問題があるかもしれません。

心当たりはありませんか?身体を洗うシャワーの温度では高すぎます。

洗顔は32℃ぬるま湯で流すようにしてみてください。肌より少し冷たく感じる温度ですが肌には優しくキレイに落とす事ができます。

汚れが落ちていない気がして、とソープで2回洗顔されている方がいましたが、それもNGです。それこそ乾燥を招いてしまうのでしっかり泡立てたソープで丁寧に洗えば1回で十分です。

肌の汚れを落とすのは2段階

メイク、皮脂を落とす役割がクレンジング、老化角質を落とすのがソープの泡洗顔です。

どんな肌タイプであってもこの基本は変わりません。どちらも丁寧に優しく洗う事がポイントです。

それでも乾燥が改善しない場合は洗顔料の洗浄力が強すぎる可能性があるので肌に合ったものに見直す必要があると思います。

本当に洗顔の仕方ひとつで良くも悪くも肌は大きく変わります。この冬も乾燥に負けない美肌を目指しましょう!

 

●乾燥が進行して、赤みや、ひりつき、肌荒れになってしまった場合、元々アトピー肌タイプの方は対処方法が異なりますのでご相談ください。

 

エステが初めての方は体験コースからどうぞ

体験コースはこちら >

関連記事

  1. メディカルサロンアリイ
  2. 日焼け止め
PAGE TOP